ブログ

Googleアナリティクスで「重複したホスト名からデータを受け取っています。」の警告を受けた場合の対応策

Googleアナリティクス

トラブルの概要と弊害について

ーーーープロパティ「http://www.hogehoge.com/」は重複したホスト名からデータを受け取っています。
「hogehoge.com www.hogehoge.com」は重複したホスト名の一部です。重複したホスト名はレポートでは別々の行としてカウントされるため、別のホスト名からサイト上の同じページに移動するヒットは複数の行に分割されます。複数の行にデータが分けられてしまうため、特定ページへのトラフィックは実際よりも少なく表示されます。

この問題を回避するには、重複したホスト名から別のホスト名へ 301 リダイレクトを設定するか、ホスト名から「www.」を取り除く検索と置換フィルタを作成してください。ーーーー

Googleアナリティクスから上記のような警告が届く場合があります。
こちらの警告は、運用されているwebサイトにおいて、同一ページだけど2 つのURL(www.hogehoge.com と hogehoge.com )があるのでどちらかに統一してくださいという内容になります。
この警告が出ることによる弊害として、

  1. Google analytics上のページビューがwwwありなしで分散する
  2. SEO的にマイナス

が挙げられます。
「1.」の場合、正確なアクセス分析が出来なくなり、「2.」は大きな問題ですよね。
なので必ず改善する必要があります。

トラブルの対応策について

重複したホスト名から別のホスト名へ 301 リダイレクトを設定

301リダイレクト処理には利用のサーバーの制限などによりいくつかの前提条件があります。

  • 「.htaccess」が利用できる環境である
  • 「mod_Rewrite」の機能を利用できるサーバーである

1.「.htaccess」という名前のファイルを作成
2.「メモ帳」などのエディタで開いて以下の「301リダイレクトの設定」を記述します。
「WWWあり・なしのドメインを、どちらかに統一したい場合」
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(hogehoge\.com)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://www.hogehoge.com/$1 [R=301,L]
上記は、「hogehoge.com」ドメインにアクセスしたら、「www.hogehoge.com」ドメインへ「301リダイレクト」する設定です。
※「wwwあり・なしドメイン」それぞれの下層ページURLは、同じである事、「.htaccessファイル」が、(ドメインの)ルートディレクトリ内にある事が前提です。

ホスト名から「www.」を取り除く検索と置換フィルタを作成

1.新しいフィルタの作成
「アナリティクス設定」-「アカウント」-「すべてのフィルタ」から、「新しいフィルタ+」クリック
Googleanalytics

Googleanalytics2
■入力内容
フィルタ名:任意の名称を入力
フィルタの種類:「カスタム」「検索と置換」を順番に選択
フィルタ フィールド: 「ホスト名」を選択
検索文字列: 「^www.」と入力
置換後の文字列: 未入力

あとはアラートのお知らせから再チェックして完了です。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る