ブログ

ソーシャルメディア用ボタン(いいね、ツイート、mixiチェックetc)まとめ

みなさんこんにちわ。
IT活用診断士の中野雅公です。

今回は、ソーシャルメディア(Facebook, twitter, mixi, はてな)などが提供する
ボタン(いいね、ツイート、mixiチェックetc)の設置法を一括で説明します。
ホームページやブログに設置することで、よりたくさんのつながりをもつことができます。
たくさんの人にクリックしてもらえれば、
それがきっかけであなたのブログへのアクセスが爆発的に増える可能性もあります。
是非ご自身のサイトなどに反映してください。

○twitterのツイートボタン
http://twitter.com/about/resources/buttons#tweet にアクセス。
「リンクを共用する」を選んで
「言語設定」を「日本語」にしたらあとはデフォルトでOKだと思います。

「コードのプレビューを見る」の下に
a href・・・で始まるコードが表示されるので、
このコードを表示したい箇所のHTMLに貼り付ける。

○Facebookの「いいね」ボタン
「いいね!!」ボタンを設置するには、「いいね!」ボタンのコードを貼り付ける必要があります。
「いいねボタン」のコードは「Facebookコネクト」から取得できます。

あとは以下の画像に従って入力をおこなってください。
facebook4

すべての入力が完了したらGetCodeのボタンを押下して、

表示されたコードを表示したい箇所のHTMLに貼り付ける。

○Google +1ボタン
http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/index.html
からコードを取得できます。



をボタンを表示させたい場所に挿入。


以下は~の間に入れてください。

○はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton
からボタンを作れます。
ボタンを表示させたいところにコードを記述すればOK

少しでも多くの方にこの情報がお役にたてばうれしいです。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る