ブログ

販売士1級試験対策(小売業の類型)~その2

「小売業の類型」の第2回は
第1章の「流通業界を取り巻く環境変数と課題」について詳細を深堀していきます。

まずは以下の全体図を確認してから学習に入りましょう。

第1章 流通業界を取り巻く環境変化と方向

補足
 需要の量的・質的変化
  人口減→消費減
  少子高齢化
  日本の貯蓄6割は60代以上の世代
  女性の社会進出でスーパーのお惣菜コーナーが売れている
  →時間短縮型の商品やサービスに対する需要が増大

 供給構造の変化
  小売業の販売効率が約3割低下
  →売上が伸び悩む中、大型店の出店による売り場面積の拡大が原因

 コンパクトシティ化
  中心市街地のコミュニティ機能の低下、空洞化
  都市計画法
  →床面積1万㎡以上の大規模集施設の郊外立地の原則禁止
  大規模小売店舗立地法
  中心市街地活性化法

第2節 インターネットと流通
  バーチャルショップの特徴(楽天市場など)
①メーカー、卸売業、小売業が消費者との直接取引が可能になる
②物理的な店舗が必要なく、無店舗販売が実現できる
→ユニクロは店舗(直接) + ネット販売(間接)

  中間流通業の再生
  リ・インターミディエーション
→ネット時代に適応する新しい小売業態や卸売業態の台頭

  バーチャル化を下支えしているのがロジスティクス(配送)機能である。

第3節 グローバル小売競争の展開
  人口減→消費減だから海外に進出して広げていかないといけない。

  国際化の展開と背景
    グローバルリテーラー進展の背景
    →プッシュ要因(出ていかざるを得ない)とプル要因(海外が魅力的だから引っ張られる)
     ・市場環境(人口の鈍化など)
     ・法的規制(税率など)
     ・経営戦略(国際化の重要性)
     ・その他(為替や株主からの圧力)

    海外に進出しやすくなった
    海外進出成功の条件
     ①自由貿易、自由競争の基盤が浸透しつつあること(TPPなど)
     ②国際会計基準の標準化が進み、国境を越えた出資や資金移動等のインフラの整備
     →お金のやり取りが簡単になった
     ③情報システム基盤の世界標準化の進展
     ④消費者レベルで世界的に通用する趣味・嗜好の顕在化
     →もし進出先に同じニーズがあればそのままで売れる

  国際化のプロセス
    海外市場参入パターンにおける意思決定変数
     ・戦略変数→現地経営に対する統制レベル
     ・環境変数→経営資源上の関与レベル
     ・取引費用変数→現地経営に対する統制レベルと
             経営ノウハウが流出するリスクの程度
    失敗する可能性も高い(日本にきたカルフール)
    リスクヘッジためにも業務提携から入る低関与型がお勧め。
    →うまくいけば資本提携へと段階的参入

  日本の小売市場の国際化
    1970~90年代に外資参入ブーム

  ウォルマートの海外展開
    プッシュ要因
    →米国における大型店舗の出店規制の強化

    ポジティブ要因
     ①海外立地の選択(近くから攻める)
     ②海外進出形態の決定
     ③業態の変化(色々な商売をしている)
     ④海外流通戦略

■今回のキーワード集

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る