ブログ

販売士1級試験対策(小売業の類型)~その1

標題の通り、
販売士1級の試験対策についてまとめていこうと思います。

まずは最初の科目である「小売業の類型」についてまずは
全体の概要をまとめました。

ただ教科書を読むのではなく、
前回のイメージをつかむと理解もしやすいと思います。

次回は各章の詳細について今回同様体系図をまとめ、
各節の詳細を肉付けして解説していきます。

■今回のキーワード集
・チェーンストア
 単一資本により多店舗展開する小売企業の形態のこと。
 多店舗展開による大量販売力に裏付けされたバイングパワー(仕入力)で
 小売業界の主流を占めることが特徴。
 広義にはレギュラーチェーン、ボランタリーチェーン、フランチャイズチェーンの三態を併せたもの。
 狭義にはレギュラーチェーン(直営)のみを指すことが多い。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る