ブログ

安全なパスワード管理で不正ログインされない方法

こんにちは。
攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える
IT活用診断士の中野です。

本日yahooのトップニュースに「相次ぐ不正ログイン事件、原因はIDとパスワードの使い回しの可能性」という記事が投稿されていました。
簡単に要約すると、3月下旬から国内サイトで不正ログインが行われる事件が相次いでいますが、
被害を大きくさせた原因の一つとしてIDやパスワードの使い回しが挙げられます。

私もそうでしたが、多くの方がWebサイトで無料会員などのアカウントを登録する際に、
同じパスワード使用しているそうです。そうすることで登録する多くのサイトごとに
パスワードを覚える必要がないので楽ですよね。

しかし、もしどこかのサイトからパスワードが流出した場合のことを考えてみると、
IDを特定された場合簡単に不正ログインされてしまいます。
まさに現在起こっている不正ログインの正体はこれに当たります。

しかし、わかっているもののパスワードの管理が面倒でついつい同じパスワードを設定しまう人が多いのが現実です。
そんな方のために不正ログインされない安全なパスワードを簡単に管理する方法についてご紹介します。

■パスワード管理ツール
パスワード管理ツールとは簡単に言うと、いろいろなサービスのパスワードを違うパスワードで管理できるというものです。
そのパスワードを見るのは1つのパスワードで良いので管理が楽になります。
パスワード管理ツール

パスワード管理ツールは非常に多くのソフトがあります。
・KeePass
オープンソースで作られているKeePassはもっとも有名なものの1つです。

・1password
1passwordも人気もパスワード管理ツールで、KeePassなどに比べてインターフェイスが洗練されています。

・LastPass
LassPassもマルチデバイスがひと通り揃っており、また自動ログインも可能です。

・マイパスワード
NTTコミュニケーションズが提供する和製のパスワード管理ツールで、5つの登録までは無料で、それ以上は月額150円がかかります。

・ID Manager
Windows版のみとなりますが、無料で使える高性能なソフトです。

私のオススメは「ID Manager」です。
無料で使える上にかなり高機能です!

以下のページに利用詳細が記載されているので是非利用されることをオススメします。
http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm
IDマネージャー

セキュリティを守る一番の対応策である、
「パスワードはすべてのサービスで別のものを使う」ことが可能になります。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る