ブログ

経営発達支援計画書の作成の支援

経営発達支援計画書とは

商工会・商工会議所が小規模事業者の持続的発展を伴走型で強力支援する計画書をつくり、それを国が認定する制度です。
目的は地域経済の活性化です。しかし背景には、厳しい財政状況の中、商工会・商工会議所の予算を確保するためのランク付けと統合などがあるようです。
ただ計画書を作成して提出するだけで良いかというとそうではありません。
かなりの細かい基準による採点(400点ほど)によるランク付けが行われます。
そのため、実現性が高く、地域課題を解決する計画の立案が必要です。
また、これまで行ってきた取組内容をまとめるだけでも点数が取れません。

経営発達支援計画書の作成支援

実現可能性の高い計画書作成を支援します。
小規模事業者支援を推し進めるよう国の方針が決定しました。
それを推し進めるためには商工会・商工会議所の更なる個店の支援が求められています。

経営発達支援の目標は、中長期的な振興のあり方を踏まえたものである必要があり、また経営発達支援事業の内容は、支援の効果が高まり、かつ実現可能なものでなければなりません。

事業計画書を策定する手法を活用し、まとめにくい経営発達支援計画書を地域実情に即して策定できるよう、側面的な支援を行っています。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る