ブログ

反応のあるキャッチコピーの作成方法その1

今日はキャッチコピーを作成するためのノウハウを公開しようと思います。
キャッチコピーはWebでのヘッダー画像やお店のPOPなどいたるところで活用できます。
しかし、キャッチコピーの本質を理解できておらず、
反応のとれるキャッチコピーが書かれていることは稀です。

ではどうすれば反応のあるキャッチコピーになるのか?
そのためのノウハウを事例もまじえてわかりやすくまとめたいと思います。

分かりやすさ

テレビや本で良く使われるキャッチコピーの作成方法です。
比較検討できることでわかりやすさを訴求しています。

具体的な例としては、

  • 「子供でも使える××」
  • 「サルでも分かる××」
  • 「小学生でも分かる××」

具体的なノウハウを伝える

よく使われるキャッチコピーで、数字などが入って
思わず目をとめてしまいます。

具体的な例としては、

  • 「××のための3ステップ」
  • 「知らないと損する××の真実」
  • 「売れる営業のための法則」

「無料」「安い」でお得感を打ち出す

「無料」「安い」は、わかりやすく反応の高いキャッチコピーです。
上手に使うことで、集客や販売促進に大きな効果を得られます。
ポイントとして、なぜ無料なのか、なぜ安いのかを理由をしっかりと説明することです。
ただ「安い」「無料」というだけでは、不信感が勝つので反応が取れません。

具体的な例としては、

  • 「××の小冊子を無料進呈」
  • 「期間限定で××をプレゼント」
  • 「先着××名様だけ限定50%OFF」

安心感を与える

お客様が悩んでいる際に特に効果的です。
このキャッチコピーで背中を押してあげてください。

具体的な例としては、

  • 「全額返金します!」
  • 「購入後、営業電話を一切しません」
  • 「迷惑料として1,000円返金!」

お客様の声

どんな商品にも使えるキャッチコピーです。
お客様の名前、住所などの情報を載せることでより説得力が増します。

具体的な例としては、

  • 「知らないと損しますよ!」
  • 「本当に感動しました」
  • 「××さんのおかげで救われました」

これ以外にも反応の取れるキャッチコピーのノウハウはありますが、
まず重要なポイントは顧客利益(ベネフィット)を中心に考えることです。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る