ブログ

アマとプロの違い

こんにちは。
攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える
IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。

私は現在プロのコンサルタントとして、
ITを使って一つ上の高みを目指す中小企業様のために
数多くの公的機関などを中心に活動しています。

世の中には私以外にもコンサルタントは数多くいます。
その中には私もお世話になっている素晴らしいプロのコンサルタントもおられますが、
正直お客様を食い物にしているアマのコンサルタントも数多くいます。

そもそもプロとアマの違いは何なのか?
今回はそのテーマについて投稿したいと思います。

わたしが思うに、プロとアマの違いはターゲットが異なることだと思います。
具体的に説明すると、
アマ:自分が楽しむため
プロ:お客様に見せるため
だと考えています。

プロとアマのキーワードで一番イメージしやすいのは「野球」でしょうか。
(わたしが野球好きだからかもしれません(笑))
例えば、春と夏の風物詩である高校野球ですが、
高校球児は自分(またはチーム)のために一生懸命やっています。
そして勝って結果を残すためにスクイズや敬遠といった戦略が当たり前です。
しかし、スクイズや敬遠などの戦略をもしプロ野球で当たり前になったらどうしますか?
たぶんブーイングの嵐になると思います。

もう一つ例えるとわたしが昔やっていたボクシングもそうです。
アマのボクシングの場合は、コツコツとポイントが稼いだ人が勝ちになります。
同じくプロがそんな戦い方をしたらどうなるのか・・・。
プロの場合は豪快なKOシーンや駆け引きなどの醍醐味を味わいにきているお客様に見せることが重要だということです。
つまり応援してくれるファンが見て面白い内容をするのがプロです。

アマのコンサルタントは自分が満足もしくはお金稼ぎのためだけに机上の空論を押し付けたり、
どっかの成功事例をそのまま自分のもののように提案します。
要は自分さえ儲かったらそれでよいわけです。
プロのコンサルタントは自分を必要としてくれる人のためにお役立ちの気持ちを持って、
一緒に悩み、一緒に苦しみ、一緒に喜びを共感してくれる人だと思います。

少し上から目線ですが、
横暴なニセコンサルタントが増える今の現状に一石を投じたいと思い投稿しました。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る