ブログ

お客さんを集客するための3つのステップ

集客のための3ステップ

会社やお店が繁盛していくうえで押さえておかなければいけないことが3つあります。
・定期的に新規客を集める仕組みを作る
・来店してくれたお客さんに1円でも多くのお金を使ってもらう
・何度もリピートをしてもらうお店づくりをする

セミナーやビジネス本でもよく言われることなので知っているとおっしゃる方も多いと思います。
しかしこの3つのポイントを知っていてもあなたは十分にお客さんを集めて売り上げを上げることができていますか??
おそらく、多くの方ができていなと思います。なぜならこの3つのポイントは、「具体的ではない」からです。
この3つのポイントを押さえるために実際に何をしていいのかがわからないと多くの人が思っています。
今回は具体的で明日から実践できる「お客さんを集客するための3つのステップ」をお届けしたいと思います。

1.自分の商品・サービスを欲しがるターゲットが集まる場所を探す

多くの人が、新規客を集めるために共通して意識していることがあります。
それは、「何か良い広告媒体はないか?」「何か良い集客の方法はないか?」と集客の媒体や方法を探すことです。
たしかに、良い集客媒体や方法が見つかればそれは大きな効果を生み出すでしょう。

しかし、これには2つの落とし穴があります。
・どの媒体や方法が効果的に集客できるか実際にやってみるまでわからない
・効果があると言われている媒体はすぐに廃れる
この2つです。

世の中にはたくさんの媒体や方法があります。
昔からのチラシ広告や新聞・雑誌の広告、今流行りのネットの広告、ブログ、SNSなど、たくさんの集客に使えるものが溢れ返っています。
しかし、この中から本当に自分にとって効果があるモノを見つけるためにはやってみなければわかりません。

また、すでに複数の人がやっていて効果が実証されている媒体や方法があります。
これらは実際にやってみると、効果が出る可能性は限りなく高いです。
しかし、そういう媒体には「俺もこの広告を使って集客したい」と、多くの人が群がります。

その結果どうなるのか・・・多くの人がそこに群がる分、その媒体や方法はすぐに廃れてしまうのです。

つまり、そういうものだけに振り回されていては、一時的に集客ができたとしてもすぐに効果が薄れてしまいまた集客方法を探し始めるはめになるのです。

では、どうすればいいのか?
実は、最初から効果があるとわかっていてしかも長期的にお客さんを集められる方法があります。
それは【自分の商品を欲しがるターゲットがどこに集まるのかを知る】ことです。
あなたが何かの商品やサービスを売っている限り、必ずターゲットが存在します。

エステであるならば、キレイになりたいと願う女性、治療院であるならば、体の不調を改善したい人たち
というふうに、あなたの商品やサービスを欲しがるターゲットは必ず存在します。
つまり・・・自分のターゲットがどこにいるかを把握しておくことで、あなたは最初から『どこに広告を出せば効率良く新規客を集められるか』がわかるようになるのです。

ターゲットが集まる場所を知っておけば、あなたは費用をかけて何度もテストする必要が極力減ります。
また、多くの人が群がる媒体と違い、すぐに廃れることもありません。

つまり、この方法を使うことによって、「好きな時に好きなだけ新規客を集めることができる」ようになるのです。
「一番効果的に新規客を集める方法は何ですか?」と聞かれれば、私は自信を持って
【自分のターゲットがどこに集まるかを知りそこを狙って広告宣伝をする】と答えます。

2.ターゲットが思わず反応してしまう販促物を作り、それをターゲットが集まる場所に広告する

ターゲットが集まる場所がわかったら次にすることはそこに広告を出すのですが、ただ広告を出すだけではダメです。
『ターゲットが思わず反応してしまう販促物を作り、それを使って広告する』必要があるのです。

色々な媒体の広告やチラシなどを見ていると、そのほとんどが次のようなことが書かれています。
・店舗名や会社名
・商品やサービスの紹介
・連絡先
・住所、地図、行き方
・営業時間
など、このようなことが書かれているものを多く見かけます。

しかし、結論から言いますがこのような販促物ではお客さんは動いてくれません。
なぜなら、このような広告を見てもそれを読んだお客さんからしてみれば、
「あなたのお店に行くメリット」
「あなたの商品を買うメリット」
をまったく感じないからです。
人間は常に何らかの欲求や悩みを抱えて生きていて、それを解決できるものを探しているのです。

売れている広告、反応率の高いチラシは常にターゲットの欲や悩みを押さえていて
「このお店に行きたい」
「この商品が欲しい」
と思わせるように書かれています。

・この商品は自分にとってどんなメリットがあるのか
・なぜ同じような他の商品ではなく、この商品が良いのか
など、ターゲットが見て思わず「欲しい」と反応するように作られているのです。

つまり、ターゲットがいる場所にただ広告をするだけではなく、
【ターゲットの欲求や悩みに焦点を合わせた販促物を作り、それを使って広告する】必要があるのです。

3.来てくれたお客さんに“聞きながら”何度でも来店したくなる仕組みづくりをする

3つ目のステップは『リピーターを増やすこと』です。

多くの経営者がリピーターを増やすために色々と試行錯誤をしています。
・商品やサービスの改善をしたり、
・接客の質を上げたり、
・お店の作りを見栄えの良いものにしたり、
と、色々なことを試しています。

しかし、色々なことを試しても思うようにうまくいかない・・・
「せっかく商品を良くしたのに」
「接客の質も上げたのに」
「お店のレイアウトも変えたのに」

リピート率を上げるための定石と言われていることをやったのに、ほとんど効果は出なかった。
なぜ、リピート率は上がらないのか?そして、どうすればリピート率が上がるのか?

実は1つだけ「正解」があります。
それは・・・『実際にお店に来たお客さんに聞くこと』なのです。
私たちはお店を良くしていくうえである間違いを犯してしまいがちです。
それは、「自分たちで試行錯誤していること」です。

あなたがお店を経営している以上、お店を良くするのはあなたの仕事です。
しかし、ここで1つ見落としていることがあります。

それは、お店を良くしていくのはあなただけど、そのお店が良いかどうか判断をするのは「お客さんが決めること」なのです。
お客さんは良いと思えばまた来てくれるし、悪いと思えば二度と来てくれません。

しかし、ほとんどの人がこれを忘れてしまいます。
「もっとこうしたほうが良いだろう」
「こうすればお客さんが喜ぶに決まってる」
と自分たちで考えたことが良いと思い込んでしまうのです。

「どうすればお客さんがまた来てくれるか」
その正解を知っているのは他でもない「お客さん」です。
だから、リピート率を増やすためにあなたがするべきことは、
・どうすればお客さんが何度も来てくれるかをお客さん本人に聞く
・お客さんに聞いた正解を自分の会社やお店に反映させる
です。

【お客さんに聞きながら、何度も来店したくなる仕組みづくりをする】ということを忘れないでください。

効率的な集客をする3ステップ

1.自分の商品・サービスを欲しがるターゲットが集まる場所を探す
2.ターゲットが思わず反応してしまう販促物を作り、それをターゲットが集まる場所に広告する
3.来てくれたお客さんに“聞きながら”何度でも来店したくなる仕組みを作る
この3ステップこそが、実際に店舗を構えている人が行う集客の方法なのです。
儲かっているお店や会社はみんなこの3つのステップで集客をしています。

なぜなら、この3つを取り入れるだけで大量のお客さんが集まるようになると知っているからです。
あなたは、今まで色々な努力をしてこられたのだと思います。

商品やサービスを改善したり、細かいところまで接客を行き届かせ、お店の内装や雰囲気にも気を使ったり、様々なことをしてきたと思います。
「なかなか売れない・・・」
「お客さんが来てくれない・・・」
という結果になっていたのではないでしょうか?

しかし、この3つのステップに沿った集客を行うことで、あなたの現状は劇的に変わっていきます。
平日なのに土日並みにお客さんが来たり、断るほどの新規客が来店し、
あっという間に常連客でお店が埋め尽くされて行くようになります。

これを機にぜひあなたも
1.自分の商品・サービスを欲しがるターゲットが集まる場所を探す
2.ターゲットが思わず反応してしまう販促物を作り、それをターゲットが集まる場所に広告する
3.来てくれたお客さんに“聞きながら”何度でも来店したくなる仕組みを作る
この3つを取り入れてみてください。

  この記事を書いた人

中野 雅公
中野 雅公中野IT活用診断士事務所 代表
京都で生まれ京都で育つ。
自営業をしていた両親のお店が廃業したことをきっかけに経営を学び、中小企業診断士の資格を取得後、独立。
売れ続けるネットショップ構築、SNSを活用した集客など売上アップを実現する攻めのIT活用とコスト削減、業務の効率化を実現する守りのIT活用で企業様への負担をかけることなく、業績アップを実現する専門家。
大阪産業創造館をはじめ、数多くの公的機関の専門家として活動中。
無料のIT・経営相談はコチラ

こちらの記事もお読みください

  • POPやチラシ、ポスターに芸能人・有名人を使うのは肖像権・パブリシティー違反?2014年2月17日 POPやチラシ、ポスターに芸能人・有名人を使うのは肖像権・パブリシティー違反? 芸能人の写真をPOPやポスターに使っていいの? 先日あるお店に行ったときにメディアに取り上げられて放送されたときの映像を写真に撮ってPOPやチラシ、ポスターに使っていました。 確かにお店がメディアに取り上げられたといった情報をお客様に知ってもらうことで、 効果的なPR […]
  • ファミリーマートで使えるクーポンがYahooの検索結果に表示2013年8月27日 ファミリーマートで使えるクーポンがYahooの検索結果に表示 全国約9,600店のファミリーマート店舗で使えるクーポンコードを Yahooで検索した際の検索結果画面に直接表示するという新たな取り組み 「ファミマけんさくーぽん」をファミリーマート様、およびファミマ・ドット・コム様と共同で 7月30日(火曜日)から開始されています。 […]
  • 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善③2013年5月20日 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善③ こんにちは。 攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。 前回は「サイトを開いた瞬間に何のサイトかがすぐに分かる」について投稿しましたが、 今回は「②商品やサービスの内容が分かりやすく説明されている」について触れて […]
  • 経営発達支援計画書の作成の支援2015年5月25日 経営発達支援計画書の作成の支援 経営発達支援計画書とは 商工会・商工会議所が小規模事業者の持続的発展を伴走型で強力支援する計画書をつくり、それを国が認定する制度です。 目的は地域経済の活性化です。しかし背景には、厳しい財政状況の中、商工会・商工会議所の予算を確保するためのランク付けと統合などがあるようです […]
  • Yahoo Japan IDの流出からセキュリティ問題を考える2013年5月20日 Yahoo Japan IDの流出からセキュリティ問題を考える こんにちは。 攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。 さて先日Yahoo Jaoan […]
  • 食べログの口コミを集客に活用する方法2013年11月10日 食べログの口コミを集客に活用する方法 食べログは集客に使えるの? 私の顧問先にパンケーキ専門の飲食店があり、集客ツールの一つとして食べログを活用してお客様への集客を図っています。飲食店での集客の手段として、食べログやぐるなびはなくてはならないツールです。 そんな食べログの重要な要素の一つとして、「口 […]
  • 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善④2013年5月21日 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善④ こんにちは。 攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。 前回は「商品やサービスの内容が分かりやすく説明されている」について投稿しましたが、 今回は「③他社の商品・サービスと差別化されている」についてお話します。 […]
  • 自分で簡単にできるSEO~タイトルタグを最適化して上位表示~2014年4月15日 自分で簡単にできるSEO~タイトルタグを最適化して上位表示~ SEOって難しい?? SEOでホームページを上位に表示して問い合わせを増やしたいです!多くの方が悩んでおり、多く相談を受けるテーマのひとつです。相談される方の多くの方がSEOって難しいですと共通して言われます。しかし、SEOは正しくやれば難しくありません。また、キーワードによ […]
  • 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善⑤2013年5月22日 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善⑤ こんにちは。 攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。 皆さんが何か商品やサービスを利用する際、 ホームページに載っている購入者の声を参考にされたことはありませんか? また、皆さんのホームページには、お客さんの […]
  • 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善②2013年5月19日 売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善② こんにちは。 攻めと守りのIT支援で近畿の中小企業を支える IT活用診断士(ITコンサルタント)の中野です。 前回は売れる・引き合いのあるホームページ作成・改善のための 序章ということで基本的なことに触れましたが、 今回は具体的な内容について触れていきたいと思いま […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る